2008年05月17日

歯の象牙質。クラウンとは。・・・など雑談

歯の象牙質
象牙質は歯の主体となる部分です。歯ぐきから上の部分は、象牙質の上にさらに硬いエナメル質が覆っています。歯の根の部分では象牙質をセメント質が覆っています。象牙質の内部には、血管系、リンパ管、歯髄が入っている歯隋腔があります。まさに象牙質が歯の基本となっていますね。

クラウンとは
クラウンとは、歯が欠損したときに、治療のために歯に被せる人工の歯です。差し歯もクラウンの一種のようです。歯が欠損する原因って、虫歯が多いでしょうね。歯をぶつけたりして欠損する場合もあるでしょうが、虫歯が多いでしょうね。クラウンのお世話にならなくていいように、自分の歯を大事にしたいですね。

犬歯
犬歯は人によっては一番目立つ歯です。犬歯が目立つと、八重歯などといわれます。犬歯は歯の中でも、一番牙っぽい歯です。ドラキュラにとっては、犬歯はシンボルみたいなものですし、お裁縫をするときも犬歯で糸を切ったりします。このように犬歯は歯の中でも存在感がある歯です。また、犬歯は結構しっかりしていて、比較的最後まで残る歯のようです。

歯肉と歯肉炎
歯肉とは、いわゆる歯ぐきです。歯肉炎は歯ぐきの病気です。歯肉炎も虫歯同様に歯磨きをすることで予防することができます。虫歯の場合、人によってはう蝕原因菌がいなくて虫歯にならないという人がいるようですが、歯ぐきはそうはいかないようです。歯磨きは歯ぐきの健康に必須です。

入れ歯の普及
入れ歯は生活必需品のようです。日本人は、65歳以上の人のうち、なんと約8割が入れ歯のお世話になっているそうです。すごい割合ですね。この割合だと、入れ歯であることが当たり前のような感じですね。確かに、身の回りのお年寄りを見回すと、入れ歯を使っている人は多いです。



クレジットカードとローン〜千葉県鎌ケ谷市
posted by はのこと at 07:58| 歯の気ままなおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。