2007年12月15日

入れ歯について。義歯のこと。・・・など雑談

入れ歯について
入れ歯は、歯がなくなったところに、人工の歯を入れる方法の一つです。入れ歯は、取り外しタイプの人工の歯のことです。入れ歯を大きくわけると、「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。入れ歯の場合、噛む力が低下することや、発音がしにくかったり、口の中で違和感があるなどの欠点があるようです。

義歯のこと
義歯とは、無くなった歯を補うための人工の歯のことです。義歯のなかには、入れ歯や差し歯、インプラント義歯などがあり、これらをまとめて義歯といいます。歯がなくなると義歯の助けが必要になりますが、できるだけ自分の歯を大事にして、義歯のお世話にななりたくないものです。

入れ歯の普及
入れ歯は生活必需品のようです。日本人は、65歳以上の人のうち、なんと約8割が入れ歯のお世話になっているそうです。すごい割合ですね。この割合だと、入れ歯であることが当たり前のような感じですね。確かに、身の回りのお年寄りを見回すと、入れ歯を使っている人は多いです。

大臼歯
大臼歯は口の一番奥にある歯です。手前から奥に向かって第一大臼歯〜第三大臼歯といわれます。大臼歯は、乳歯のときには生えていない歯です。一番奥の第三代臼歯は親知らずと呼ばれ、人によっては生えない人もいるようです。ちなみに、大臼歯より前の、やや小さい臼歯は小臼歯です。

歯周病
歯周病は虫歯に並ぶ歯に関わる病気です。歯周病は歯ぐきの病気です。歯周病も放っておくと、歯を失うことになる注意すべき病気です。人によっては稀に虫歯になら無い人もいるようですが、歯周病は虫歯とは別のようで、虫歯にならなくても歯磨きしないと、歯周病になってしまうので、歯磨きは大事です。
posted by はのこと at 08:03| 歯の気ままなおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。