2007年10月08日

アマルガムについて。入れ歯について。・・・など雑談

アマルガムについて
歯の修復材料として、アマルガムは使われていたようです。でもアマルガムには水銀が使われているため、現在ではあまり使用されていないようです。水銀というと、いいイメージは無いですね。水俣病などの公害病を思い出します。水銀が使われていると聞くと、使って欲しくないですね。

入れ歯について
入れ歯は、歯がなくなったところに、人工の歯を入れる方法の一つです。入れ歯は、取り外しタイプの人工の歯のことです。入れ歯を大きくわけると、「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。入れ歯の場合、噛む力が低下することや、発音がしにくかったり、口の中で違和感があるなどの欠点があるようです。

う蝕原因菌のこと
う蝕原因菌とは、口の中に常に存在している細菌の一種だそうです。自分の口の中に、う蝕原因菌がいると聞くと、「なんだ!」と思っちゃいますが、う蝕原因菌は誰の口にも存在する細菌だそうです。う蝕原因菌は、口の中に入ってきた食べ物のうち、特に糖分を栄養にして、むし歯の原因となる酸を作るようです。

小さい子供の歯磨き
小さい子供の歯磨きでは、親の仕上磨きが重要です。子供が自分で歯磨きしたとしても、磨き残しが多いことは間違いないですので、きちんと、仕上磨きをしてあげないと、子供が虫歯に泣くことになるわけですね。とはいえ、子供の仕上磨きって、結構大変です。毎日素直な日が続くわけではないですからね。

脱灰
脱灰とは、口の中の、う蝕原因菌などの細菌がつくりだす酸によって、歯を構成しているカルシウムやリンが溶け出してしまい、初期の虫歯の状態になってしまうことです。脱灰を起こさないようにするには、日頃から食後の歯磨きをきちんとすることがとても大事です。
posted by はのこと at 15:36| 歯の気ままなおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。