2007年06月04日

歯が無くなってもなんとかなる?歯が無いときの歯の治療

インプラント、入れ歯、ブリッジ、クラウン、・・・。歯がなくなったときの歯の治療方法を挙げてみました。

歯は生活していく上で、とても大事で必要なものです。だからこそ、歯がなくなったときの治療方法が、いろいろあるんでしょうね。

歯がなくなって、治療もせずに歯がなくなったままの生活なんて、全く想像できないですね。歯が無いと、食べるのも、しゃべるのも、力を入れるのも、そして他にも困難だらけで、きっと生活できないですよね。

ですので歯がなくなったときは、それ用にちゃんと治療しなければいけません。歯がなくなったときの歯の治療方法は、先に挙げた、差し歯などのクラウン、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。どの治療を行うかは、なくなった歯や、残っている歯、歯の周りの状況、費用的なこと、その他の条件が考慮された上で、適切な治療方法が選ばれます。

この中で、インプラントはとても強力な治療方法です。インプラントは人工歯根ともいわれ、骨に直接チタンなどの金属を埋め込んで、その上に人工の歯をつくる治療方法です。人工の歯でありながら、噛む力などは、ほとんど自分の歯と変わらない状況まで回復するようです。「入れ歯」暦の長い人にとっては、きっと夢の治療方法ですね。

歯の治療方法の中で「入れ歯」は、昔からよく聞く一番知名度の高い治療方法だと思います。ところで一口に「入れ歯」といっても、残っている自分の歯の状況によって、大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けられるようです。また、入れ歯を作る素材によっても分けられます。「入れ歯」は素材によって、「入れ歯」としての性能は異なってきます。そして、「入れ歯」の素材によって、健康保険が使えるかどうかも関係してきます。いい素材のものは保険もきかない上に、高額だったりしますので、なかなか大変ですが、それだけの価値はあるようです。

歯がなくなったときの治療方法はいろいろあります。歯がなくなったときに、お世話にならなければならない、歯の治療のことでした。
posted by はのこと at 18:51| 歯の気ままなおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。