2007年04月28日

歯の名前、歯の種類

一言で歯といっても、歯にもいろいろ種類や名前があります。


「永久歯」と「乳歯」
  • 乳歯(にゅうし)は小さいときに最初に生えてくる歯で、いずれは永久歯に取って代わられる子供の頃の歯です。全部で20本だそうです。それから乳歯のほうが虫歯になりやすいようです。
  • 永久歯(えいきゅうし)は6歳ころから生え始めてくるようです。永久歯は乳歯と入れ替えに徐々にはえてくる大人の歯です。全部で28本だそうです。親知らずを入れると32本になるそうです。ちなみに私は32本きっちりあります。永久歯は上手くケアして一生付き合っていきたい歯です。


それぞれの歯の名前
永久歯は大きく4つに分けられるようです。その4つとは、「切歯」、「犬歯」、「小臼歯」、「大臼歯」の4つです。

  • 切歯(せっし)は一番前にある歯で、上下あわせて8本の歯です。そばを噛み切ったり、フライドチキンにかぶりついたりするときの歯ですね。爪を噛む癖がある人は、この歯で爪を噛んでますよね。
  • 犬歯(けんし)は尖がった形の歯で、切歯を囲むように全部で4本あります。犬歯が目立つと八重歯などといいますよね。ドラキュラを特徴付けている歯も犬歯ですし、お裁縫で糸を切るときに使う歯も犬歯です。犬歯は歯の根が一番長いそうで、寿命的にも一番最後のほうまで残る歯のようです。
  • 犬歯のさらに奥(後ろ)にある歯が臼歯(きゅうし)です。臼歯は食物をすりつぶす、噛む、砕くといった役割をする歯で、これらの臼歯が良くないと、ご飯がおいしくありません。臼歯は小臼歯と大臼歯に分けられます。小臼歯は前側の小さいほうの臼歯で、2つ並んでいます。大臼歯は奥の大きいほうの臼歯で、2つ並んでいます(親知らずを入れると3つ並んでいます)。舌で自分の臼歯を触ってみると、大きさの違いは結構分かります。ちなみに、大臼歯は乳歯にはない歯のようです。

歯は上下左右対称に並んでいます。前から奥に向かって順に、中切歯、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯(親知らず)と名づけられているようです。 第一大臼歯〜第三大臼歯(親知らず)は永久歯だけで、乳歯の時にはないようです。
タグ: 乳歯 永久歯
posted by はのこと at 16:14| 歯の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。