2009年03月31日

ウォーキングのシューズ、ダイエットいろいろ、・・・について

「ウォーキングのシューズ」・・ウォーキングの準備で大事なものの一つにシューズ選びがあります。自分にあったシューズでウォーキングしないと、効果的にも落ちるでしょうし、そもそも怪我や故障の原因になりかねません。自分にあった一足を見つけましょう。また軽量シューズよりは底がしっかりしたもののほうが、歩くときの衝撃をやわらげてくれるのでいいでしょう。
「ダイエットいろいろ」・・ダイエット方法にはいろいろな方法があります。ブームを巻き起こしたダイエット方法はたくさんありますが、ブームがさめると急速に姿を消すダイエット方法が少なくありません。それでも昔のダイエット方法が姿を消せば、必ず新しいダイエット方法が出てきます。ダイエット方法の新陳代謝ってうまくいってますね。
「ウォーキングをしてダイエット」・・ウォーキングのブームがありましたね。ブームのおかげでウォーキングが運動として捉えられるようになりました。ウォーキングというのは歩くことで、運動をすることを目的としています。ただ漫然と歩くのとは違います。ウォーキングでダイエットを考える場合、ウォーキングと一緒に簡単な筋トレを組み合わせるのが効果的です。ちなみにウォーキングは有酸素運動ですが、筋トレは無酸素運動です。
「ダイエットと停滞期」・・ダイエットの「停滞期」はご存知でしょうか?最初順調に減っていた体重が、ある時期からぴたりと減らなくなることがあります。これは体が一定の志望をキープしようとして起こる現象のようで、「停滞期」と呼ばれています。この時期に、ダイエット方法が合わないからと途中で挫折してしまう人もいるようですが、体重が減らいからといってやけぐいしたり、ダイエットを止めてしまったりしては努力が無駄になってしまいます。焦らず気長にが大事です。
「医療不信・医療不満」・・医療不信や医療不満を和らげる方法にセカンドオピニオンという方法があります。主治医以外に専門家の意見を聞くことができるのがセカンドオピニオンという考え方です。もしセカンドオピニオンを気軽に利用できるようになれば、患者にとって頼もしいですし、無用な治療への不安を軽減する上でとても助けになると思います。セカンドオピニオンが実際に利用しやすいよう、具体的な仕組みがつくられて、普及してくるといいですね。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・簡単に自宅で英会話

人気の石鹸(洗顔)をお試しから!@悩みを笑顔に!
posted by はのこと at 05:49| 健康・美容のおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ウォーキングダイエットと紫外線、女性と発毛剤、・・・について

「ウォーキングダイエットと紫外線」・・ダイエットのためのウォーキングで、注意したいことに紫外線対策が有ります。曇りでも紫外線は出ています。晴れたときばかりではありません。ウォーキングでダイエットに成功しても肌の悩みを抱えてしまったら喜びは激減ですよね。紫外線対策して出かけるのもいいですが、日が落ちてからや早朝のウォーキングというのも一つの手ですね。
「女性と発毛剤」・・女性用の発毛剤を目にしました。女性でも薄毛や抜毛で悩む人は少なくありません。でも、お店で発毛剤などを購入する女性は少ないそうです。なぜなら、「この人が使うのか」と思われるかもしれないという周囲の目が気になるためのようです。旦那さんが使うためなら、育毛剤や発毛剤を購入するのは抵抗が少ないですが、自分が使うものとなるとなかなか敷居が高いようです。そんなときはネット通販の出番でしょうね。
「栄養機能食品」・・栄養機能食品の規格基準が定められている栄養成分は、亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、β−カロテン(ビタミンAの前駆体)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸などです。
「レーシックの失敗」・・レーシックと呼ばれる視力回復のための手術がかなり注目されています。レーシックを受けて視力を回復する人たちがものすごく増えています。レーシックで視力を回復すれば、めがねやコンタクトレンズが不要になります。これってすごく便利なことですね。レーシックは手術といっても短い時間で終わり、しかも入院不要でその日のうちに帰れます。手術という言葉から連想するイメージとは少し違いますね。でも、手術には変わりないので、多くの人が失敗を不安に思っていると思います。レーシックを受けたくても、失敗への不安からとどまっている人も多いでしょう。でも、すくなくともレーシックで視力を失うような失敗はでていないそうです。信頼のおける眼科を選ぶことは大事ですが、レーシック自体は世界的にも認められた実績のある方法です。「レーシックは失敗が不安」も参考になりますので、もっと詳しく知りたい人はどうぞ。
「いびき」・・習慣的にかくイビキはそれほど心配の無いもののようですが、イビキが病気の兆候であることもありますので、注意が必要です。脳血管障害(脳梗塞と脳出血、クモ膜下出血など)などの意識障害を来たす疾患によってイビキをかく場合もありますので、心配なときは医師に相談することも大切です。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・4歳おもちゃ

吹出物(ふきでもの)と洗顔
posted by はのこと at 06:21| 健康・美容のおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。