2007年08月06日

大人の歯と子供の歯。歯磨きのグッズいろいろ。・・・など雑談

大人の歯と子供の歯
大人の歯は永久歯です。永久歯に生え変わる前の子供の歯は、乳歯ですね。乳歯は、永久歯に比べると虫歯になりやすいようですので、歯磨きはしっかりやってあげないといけませんね。永久歯が生えだすのは子供が6歳前後になった頃のようです。もちろん個人差がありますので、一概には言えませんが。

歯磨きのグッズいろいろ
最近は歯磨きのためのグッズがいろいろあります。歯ブラシや練り歯磨きは当たり前ですが、歯磨きにしても、練り歯磨きにしても、それぞれ、いろんな種類のものが、いろんな会社から発売されており、どれがいいのか分からなくなりそうです。また、歯と歯の間の歯垢をとるための「糸ようじ」なるものもあったり、歯のケアのグッズは種類が豊富です。

ばあちゃんの入れ歯
入れ歯と聞くと、ばあちゃんが入れ歯を思い出します。ばあちゃんの家に行くと、ばあちゃんの入れ歯が、コップに入れられて、無造作にテーブルの上におかれていることがあります。入れ歯が、見えるところに放置されているのは、あまりいい光景じゃないですね。そのせいか、入れ歯と聞くと、ばあちゃんの入れ歯を思い出すようになってしまいました。

矯正治療
矯正治療は、出っ歯、受け口、デコボコの歯などの悪い歯並びを、キレイな正しい歯並びに治す治療です。歯並びがいいと見た目もいいですが、それだけではないです。例えば、歯並びが悪くて歯磨きで磨き残しが常習化すると、虫歯になりやすくなったりします。矯正治療で歯並びを治すと、いいことがいっぱいです。

入れ歯の普及
入れ歯は生活必需品のようです。日本人は、65歳以上の人のうち、なんと約8割が入れ歯のお世話になっているそうです。すごい割合ですね。この割合だと、入れ歯であることが当たり前のような感じですね。確かに、身の回りのお年寄りを見回すと、入れ歯を使っている人は多いです。
posted by はのこと at 12:43| 歯の気ままなおしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自分の歯のように噛める喜び・・歯の事を忘れられる幸せ・・【インプラント】
インプラント 歯科
↑↑クリック↑↑
自分の歯のように噛める【喜び】、歯の事を忘れられる【幸せ】


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。